PTSDとは|カウンセリングについて|トラウマとPTSD克服カウンセリング


PTSDとは

PTSDとはPost Traumatic Stress Disorderの略語で、日本語になおすと心的外傷後ストレス障害と言います。

DSM-5におけるPTSD の診断基準

注:下記の診断基準は、成人、青年、6 歳を越える子供に対して適用される。

A. 下記の一つ以上の形で、死や重度の傷害や性暴力に、現実に曝されたか、あるいはその脅威に曝された:

  1. 直接に、外傷的出来事を体験した。
  2. その出来事が他者に起こるのを、直に目撃した。
  3. 近しい家族や友人に、外傷的出来事が起こったことを知った。この場合、その死や死の脅威は、暴力または事故によるものでなければならない。
  4. 繰り返しまたは非常に強く、外傷的出来事の忌まわしい細部に曝露された。(例えば、事故後に人体の残存部を収集する係員や、児童虐待の細部に繰り返し曝露される警察官など)

注:A4 項目は、職業的に曝露される場合を除き、電子メディアやテレビや写真による曝露は含まない。

B. 下記の一つ以上の侵入症状が、外傷的出来事の後に現われている:

  1. 外傷的出来事の苦痛な記憶が、繰り返し、意思に反して、侵入的に現れる。
  2. 外傷的出来事の苦痛な内容または感情に関連した夢を、繰り返し見る。
  3. 外傷的出来事があたかも再び起こったかのように感じたり行動したりする、解離反応(例えばフラッシュバック)が起こる。(この反応は、現在の状況が全くわからなくなるという最も極端な形から、より軽いものまで、様々な程度がありうる。)
  4. 外傷的出来事の一面を象徴したりそれに類似していたりする、内的または外的なきっかけに曝されると、強くあるいは長く心理的苦痛が起こる。
  5. 外傷的出来事の一面を象徴したりそれに類似していたりする、内的または外的なきっかけに対して、顕著な生理的反応が起こる。

C. 下記の一つ以上の所見で示されるような、外傷的出来事に関連する刺激の持続的回避が、出来事の後に現れている:

  1. 外傷的出来事に関する苦痛な回想や思考や感情を、実際に避けたり避けようとしたりする。
  2. 外傷的出来事に関する苦痛な回想や思考や感情を引き起こすような外的なきっかけ(人、場所、会話、活動、対象、状況)を、実際に避けたり避けようとしたりする。

D. 下記の二つ以上の所見で示されるような、外傷的出来事に関連した認知や気分の否定的変化が、出来事の後に現れたり悪化したりしている:

  1. 外傷的出来事の重要な部分を思い出せない(典型的には解離性健忘によるものであり、頭部外傷やアルコールや薬物によるものではない)。
  2. 自分自身や他者や世界に対する、誇張された否定的思い込みが持続している(例えば、「私は悪い」「誰も信じられない」「世界は全てが危険だ」「私の神経は永久に壊れた」)。
  3. 外傷的出来事の原因や結果に関して自分自身や他者を責めるような、歪曲した認知が持続している。
  4. 否定的感情状態が持続している(例えば、恐怖、戦慄、怒り、罪責感、恥辱感)。
  5. 重要な活動への興味や参加が、著明に低下している。
  6. 他者から、孤立しているあるいは疎外されていると感じる。
  7. 肯定的な感情を感じられない状態が持続している(例えば、幸せや満足や愛情を感じられない)。

E. 下記の二つ以上の所見で示されるような、外傷的出来事と関連した覚醒度や反応性の著明な変化が、出来事の後に現れている:

  1. (些細なことであるいはきっかけもなく)イライラした行動や怒りの爆発が起こり、典型的には人や物に対して言語的あるいは身体的に表現される。
  2. 無謀な行動あるいは自己破壊的な行動。
  3. 過度の警戒心。
  4. 過剰な驚愕反応。
  5. 集中困難。
  6. 睡眠障害(例えば、入眠困難や睡眠の持続の障害や熟睡困難)。

F. 症状(項目B、C、D、E)が、1 ヵ月以上持続している。
G. その症状は、臨床的に顕著な苦痛や、社会的職業的あるいは他の重要な機能分野の障害をもたらしている。
H. その症状の原因は、(薬剤やアルコールなどの)物質の生理的影響や、他の医学的状態ではない。

ICD-10におけるPTSD の診断基準


F43.1 外傷後ストレス障害Post-traumatic Stress Disorder

 

(A) 誰にでも大きな苦痛を引き起こすような、並外れた驚異的な、または破局的な性質の出来事・状況への暴露(短期的ななことも長期的なこともある)
(B) 侵入的な回想(フラッシュバック)、生々しい記憶、繰り返し見る夢、ストレス因に似た状況や関連した状況に曝されたときに体験する苦痛などによる、ストレス因の記憶のよみがえりや「再体験」
(C) そのストレス因と類似または関係する状況からの現実的な回避、あるいは回避しようとすること、それらは、ストレス因に曝される以前には存在していないこと。
(D) 次の(1)または(2)の内いずれかが存在すること

  1. 1. ストレス因に曝された期間のうち、ある重要な局面についての部分的な、または完全な想起不能
  2. 2. 次の2項目以上によって示される、心理的な感受性の亢進と覚醒の増大による症状 (ストレス因に曝される以前には存在しないこと)
    (a) 入眠困難または睡眠(熟眠)困難
    (b) 集燥感または怒りの爆発
    (c) 集中困難
    (d) 過度の警戒心
    (e) 過剰の驚愕反応

(E) 基準(B)、(C)、(D)項の全てが、ストレスフルな出来事の6ヶ月以内またはストレス期の終わりの時点までに起こっていること